草野製茶園 
ネットショップ

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
ネットショップ・オーナー

うれしの釜炒り茶

歴史・・・ 西暦1440年、長崎県「平戸島」に中国(明の時代)より渡って来た唐人が、

嬉野町「不動山皿屋谷地区」に移り住み、陶器を焼くかたわら自家用に茶を栽培しました。

その後、1504年に中国(明の時代)の紅令民という人が、

南京釜(唐釜)を持ち込み釜炒り茶の製法を伝えたと言われています。

現在は釜炒り茶の製茶機械もいろいろと研究開発されて、

現在も人々にご愛飲いただいています。




特徴・・・ 摘み取った茶の生葉を、

300〜350℃に加熱した釜に投入して、火入れをします。これが「釜炒り」の製法です。

理由は高熱を与えて酵素の働きを止め、茶葉が発酵して変色するのを防ぐためです。

茶の葉の形状はクルリと丸くなった形をして、まるで「勾玉」をたくさん集めたような形状です。

見た目は、回転式の乾燥機のため、釜で擦れて多少茶葉の表面が薄白く、艶があり、

また茶葉の緑色はしっかり残っています。

中国より伝承された製法のためか、ウーロン茶の高級品に良く似ており、

日本の緑茶とウーロン茶の中間的な茶のような味わいがあります。




味覚・・・ 味は蒸製と違い香りが極端に強く、茶葉の芳しさと釜製独特の味を楽しむことができます。

湯飲みに注いだときの色は多少黄色味があります。

口に含むと独特の芳しい香と、旨みが一気に口の中に広がり、喉越しは爽やかです。

急須に入れた茶葉は開くまで何回でも美味しくいただけます。
 
商品一覧
手摘み 釜炒り茶

手摘み 釜炒り茶
販売価格  1,080円
煎茶 釜炒り茶
 
煎茶 釜炒り茶
販売価格  864円